アービトラージ取引
元々は市場の違いによる価格差を利用した取引で裁定取引とも言います。「価格の安い市場で買って、高く買い取ってくれる市場で売る」という取引ですが、金 融の場合は「金利の安いところで借りて、金利の高いところで貸す」という取引も指します。 アービトラージ取引が盛んになれば、需要と供給のバランスから、価格の安い市場が値上がりを起こし、価格の高い市場が値下がりを起こしやがてバランスが取 れてきます。

 

相対取引
外国為替市場で行われる、取引所を介さずに両者の合意によって行われる取引。取引を行なう2者が通貨や数量や価格を決め、売買を成立させる。個人投資家の場は、1対1の関係で取扱業者に価格表示を求め、同時に提示される売値と買値によって売買意志を示すも

預かり証券(アズカリショウケン)
倉庫業者が貨物の預け主に発行する「受託貨物の預かり証「のこと。商法により預け主が寄託貨物を質入れするのに必要な質入れ証券の発行や、預かり証と質入れ証券をひとつにした倉庫証券の発行が認められている

 

青天井
普段なら天井になりそうなところすらも越えて相場が上昇し続ける事です。天井というのは上昇していた相場が下落し始めるポイントの事で、売りのタイミングです。どこまでもあがりそうでも、いつかは天井がくるので、青天井になったからといってどこまでも上がっていくと安心はできません。天井で売るのがベストですが、実際にチャートで確認してからでは遅いので、天井を早く見極める事が重要になってきます。これは、チャートや為替相場というのは、実際にその取引が行われた結果、を表すものとなるからです

アップトレンド
為替相場全体の大きな流れの事をトレンドといい、その為替チャートの安値を結んだ時に右肩上がりになるものをアップ(上昇)トレンドライン、そのような相場の事をアップトレンドといいます。また、高値を結んだ時に右肩下がりになるものをダウン(下降)トレンドラインといい、そのような相場の事をダウントレンドといいま

悪材料(アクザイリョウ)
減配,減資など個々の銘柄の下げを引き起こすものから、公定歩合引き上げなど相場全体に関わるものまで含めて、相場が下がる要因のこと。売り材料などともいう。市場内部で起こるものは、信用取引の膨張や外国人投資家の大量売り越しなどがある。

安定株主
社の業績や一時的な変動に関係なく,長い期間安定して株式を所有する株主のこと。デイトレーダーのように株価の動きにすぐ反応して売買する株主を不安定株主という。1990年代に人ってバブルが崩壊して以降,企業業績の不振や株式相場の低迷が統いたうえ,経済構造の変化に伴って企業間の取引関係も変わってきたことなどから,安定株主といわれてきた金融機関や事業会社が持ち株を手放す動きが続いている。

インターバンク市場
銀行間で為替の取引を行う市場のこと。通常、外国為替市場というとインターバンク市場を指します。電話やEBS(外国為替の電子取引システム)などを通して取引されます。シドニー市場から始まり、東京市場、香港、シンガポール、ミドル・ヨーロッパ、ロンドン市場、ニュー

イールド・カーブ
「金利曲線」のことを言います。縦軸に金利の高低を、横軸にターム(期間)をとりますと、「イールド・カーブ(金利曲線)」は右上がりのグラフになります。金利に関する様々な取引では、「短期金利と長期金利の差」が広がる時に、『イールド・カーブ(金利曲線)』が『スティープ』になる、といった表現をします。また「短期金利と長期金利の差」が縮まる時には、『イールド・カーブ(金利曲線)』が『フラット』になると言います。残存期間の長短が生み出す利回り(金利)と期間の関係を表わす「金利の期間構造」を分析する際に利用されます。

インサイダー取引
インサイダー取引とは、株式が上場されている企業内部の人間が、投資判断に影響を及ぼすような、その企業の重要な情報や資料を知りながら、その情報を知り得ない者と、その企業の発行する株式などの証券の取引を行なうことをインサイダー取引といいます。投資判断に影響を及ぼす重要な情報や資料が、公表される前に企業の内部者が、その企業の株の売買をしてしまうのは、法律で禁じられています

インターバンクマーケット
外国為替市場という場合、東京証券取引所のような物理的な取引所ではなく、各金融機関同士が電話やコンピュータなどの通信インフラを用いて行なう取引を総称したものを指すのが普通です。この銀行間取引のことをインターバンクマーケットといいます。この市場の取引参加者は金融機関、大手証券会社などです。参加者たちは、銀行や証券会社同士で直接、通貨の取引をする場合もあれば、ブローカー(仲介業者)を経由して間接的に取引する場合もあります

インデックス型運用
インデックス型運用とは、機関投資家の多額の資金運用に使われることが多い運用方法で、主な株式指標や指数の動きに連動するように株式市場全体の動きを促え運用成果をめざすタイプの投信です。経済指標や指数のなかでは代表的なアメリカのダウ指数や日本の日経平均株価指数など、市場の動きを表す指標のことをインデックスといいますが、その指標と連動して収益を上げることを目指して運用されるため、投資銘柄には、株価指数を構成するものが選ばれます。

委託介入
東京市場以外の市場で介入を行う場合は、各国の中央銀行に頼んで介入をしてもらいます。これを「委託介入」と言います。政府・日銀が主に介入を委託する先は、欧州市場ではECB(European Central Bank・欧州中央銀行)、ロンドン市場ではBOE(Bank of England・英国中央銀行)、ニューヨーク市場ではFED(FederalReserve Bank・米連邦準備銀行)になります。また政府・日銀がこれらの銀行の委託を受けて介入を

一目均衡表
昭和初期に日本で考え出されたチャート分析手法。基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スバンの5つを用いて作られており、様々な見方ができる。基準線を転換線が下から上へ突き抜けると買い、上から下へ突き抜けると売りになる。

ウォールストリート
ニューヨーク・シティにあるビジネス街のことです。NY証券取引所があり、大手の証券会社や銀行が集中しています。

 

する場合もあります。

 

ヨーク市場の順につなぎ地球を一周して24時間機能します。

 

す。

 

 

朝の来ない夜はない

いくら暗いよるでも朝はくるということ。

歌謡曲「嘆きのボイン」をヒットさせ、ギター漫談でも話題になった上方落語家の月亭可朝(本名・鈴木傑=すずき・まさる)容疑者(70)が12日、大阪府警淀川署にストーカー規制法違反容疑で逮捕された。

押目待ちの押目なし

価格がさがってから買おうとすると、最初に見た値段が
気になってなかなか買えなかったり、値段が高騰して
買えなかったことが多い。

チングリ返しでアナル舐め、その後
オシメをしてプレー(赤ちゃんプレー)などをしようと
した場合にオシメがない場合がある。
大人用を用意してないからである。

もうはまだなり まだはもうなり

もう底だと思ってもまだ下がるかもと考え、まだ下がると
考えた場合はこのへんが底と考えろという意味。

珍子をいれていると、もうやめてーといわれて
やめる人はいない。なぜならそれは嘘だからである。
まだやめないでーという場合はもうすでに
イってしまってる場合があるのである。


相場は明日もある

売り買いは3日待てという格言もある。
今日かえないと損するとばかりに
買うひとがいるが、冷静になって
3日くらい余裕をもって売り買いすべし。

セックスをしていると倦怠期がやってくるが
もうすべてがおわったような感じになってしまった
場合どうすればいいか?
明日(アナル)があるではないか。

相手のアナルをじっくり攻めて挿入したりしているうちに
また新たな感情がうまれるものである。



売るべし 買うべし 休むべし

年がら年中売り買いをする人がいるが
それで儲かっているのだろうか。
休むのも相場であって、驕り高ぶりではいけない。

体位を頻繁にかえて行為をするひとがいるが
それではあまり楽しめないことが多い。
じっくりと相手をみながらゆっくりと
体位を変えて攻めるべきで、挿入したまま
体位を変えるなどしがちであるが、行為中に
飲み物を飲む、出前を頼む、子供の登校を見守る
ゴミだしをする、散歩、アクメ自転車で出かけるなど
したほうがいい。

天井三日 底百日

相場の高さを表すたとえで、高値なのはほんのわずかな
じかんで、いつもはだいたい安値で推移するものである。

数の子天井というって名器は簡単になれるが
あそこ(アナル)は百日もかけないと名器になれない
忍耐と訓練が必要であるということ。





逆日歩に買いなし

信用取引には買い建てと売り建てがあるが、買い方は買い方金利を支払い、売り方は売り方金利を受け取る。この場合売り方の建て玉が買い方のそれを上回ると、売り方は買い方に日歩を支払わなければならなくなる。これが逆日歩(ぎゃくひぶ)である。

逆援助交際といって男から行為をもとめることがあるが
それには女はやってこない。




閑散に売りなし

商いが少ないときには相場が下がることがおおいが
それは調整的な売りであって本格的な売りではない。
そういうときの後は、相場が上がる場合が多い。
相場がエネルギーをためているのである。

閑散としている田舎では、近所でセックスネットワークが
できているので、売春をする人が少ない。
みんなでやっているからである。
エロ女を探すにはやはり都会で人が多いとこがいい。